ハローワークでの求職活動てんまつ

こんにちは、石川です。

 

私は、65歳直前に退職し、おもむろにハローワークへ
出かけました。

 

退職とともに、アフィリエイターとして自立宣言をしましたので、
アフィリエイトしながらの求職活動についての相談のためです。

 

担当の方からは、収入と失業給付金の関連について丁寧に
教えて頂きました。

 

その顛末も含めて解説しました。

 

◆銀行で相談

私は42年間、会社員を勤めあげました。

 

しかし、退職前から本当に切迫していました、
「経済的問題」にですね(詳細は別の機会に)。

 

たまたま銀行の相談会に行った時のことです。

担当の社会保険労務士の方が、「65歳前に会社を辞めれば失業保険が
150日分出ますよ!」と、教えてくれました。

 

65歳になってからの退職では高年齢求職者給付金が、
一時金として支給がありますが、50日分です。

 

一方、65歳前に退職すると通常の失業給付となって
150日分の支給があるということです。

 

もちろん、年金とは別枠です。

 

こんな話を聞いて私は、細かく調べもしないで
「150日分」に目が眩んでしまって、64歳11カ月で
退職してしまいました。

 

◆ハローワークで相談

その後、65歳を迎えてからおもむろにハローワークへ
出かけました。

 

もちろん、求職活動です。

 

ハローワークでは次の点について相談しました。

 

(1)「家庭の都合」で、すぐに就職できないこと。

(2)「アフィリエイト」を始めるということ。

 

◆相談の結果

(1)「家庭の都合については、「家族を含む病気、ケガ等」の
場合は、最長1年間の受給期間延長制度があることを
教えて頂きました。

 

熟考の末、通常の求職活動をすることで申請しました。

 

(2)「アフィリエイト」については、説明しましたが、良く
分かってもらえず、最終的には「稼働日」と「収入」を
申告書に記載すれば良いことになりました。

 

(3)自己都合退職なので、3か月の給付制限
(3か月間は給付無し)ということでした。

 

上記結果をもとに、雇用保険受給者に名を連ねる
ことになりました。

 

就職の条件は「1日4時間以上」が原則なんです。

 

これ以下だと、「就職」にはなりませんし、給付も
減額されます。

 

◆65歳での求職活動

最近は、求職活動が心の重荷になってきています。

 

理由は「家庭の都合」のため、思うように身動きが
できないことです。

 

熟考したつもりでしたが、揺らぐんですね、気持ちって。

 

失業保険の給付期間中には、最低でも約1か月に2回
(認定日は1回としてカウントされるので実際には1回)の
求職活動が義務つけられています。

 

この活動が厳しいといいますか、ジレンマなんですね。

 

なかなか思うように動きが取れなくて。

これが重荷なんです。重いんですね。

 

また、ハローワークで相談してこようと思います。

 

要は、アフィリエイトでこのような心配ない程度まで、早く
稼いでいればこの重荷も軽石になるんですが(苦笑)。

 

<後日談>

現在は、失業給付期間も満了して、アフィリエイト一筋です。

 

あなたは、定年退職後どう生きますか?
是非、アフィリエイトに挑戦してみて下さい。

>>『アフィリエイトの魅力

 

 


プロフィール

こんにちは、このサイトを運営している石川です。 まだまだ若いつもりですが、時の経つのは早いものですね。やっと落ち着いて、最近は楽しみながら、考えながらの日々を送っています。 詳細はこちらから↓↓↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して頂ければ、ブログ更新をメールでお届けします。

1人の購読者に加わりましょう

カテゴリー