世界を旅してみませんか? 団塊世代のバックパッカー

現役の階段を降りたシニアといいますか、団塊世代のあなた!
少し自由になったあなた。自由気ままな旅に出てみませんか。

 

いっそ、海外への旅などはいかがでしょうか?
ゆっくりそして楽しく海外旅行を楽しんでください。

 

◆シニアは、団塊世代は・・・、とかく目立つ

私を含めた団塊世代の人達は律儀と言いますか、せっかちなんですね。

 

スーパーが10時に開店となると、10分以上も前から並んで
待っています。

 

並べられた生鮮食品の中から、日付を見て新しいのを手探りで
引っ張り出します。

 

賞味期限の1日、2日でどれだけの差があるのでしょうかね?

 

そういう私も、つられてついつい製造年月日にチェックを
入れたりしています。

 

だから、嫌がられるのでしょうか?

 

団塊世代は、子どもころから競争社会でした。
人口が最も厚い層です。

 

人口が多いので、何をしても目立ってしまいます。

 

◆気晴らしに、旅へ出てみませんか?

さて、現役を降りたシニアのあなた!少し自由になったあなた。

 

せっかちな日常から少し離れて、自由気ままな旅に出てみませんか。

 

そうですね、この際海外への旅などはいかがでしょうか?
団塊世代のバックパッカー一人旅誕生です!

 

そうです、一人で自由気ままな旅としましょう。

 

あなたは現役時代、会社では他部門の誰かの、家に帰れば妻の。
常に誰かの世話になっていたと思います。

 

そんな誰かの世話から離れて、一人っきりで生きていけるあなた
になるために!

 

そして、荷物は出来る限り小さく。
バックパッカーに最低限の荷物を詰めて、気の向くままに。

 

最近の旅番組を見ていると、目的地が曖昧なまま、足の向くまま
気の向くまま状態でのロケが多いですね。

 

あんな感じが良いです!

 

せっかくの一人旅なのですから、時間に追われたり、目的地に
縛られるのは嫌です。

 

私は基本的にビジネス出張でしか海外を知りません。

 

でも、私は海外出張時には何故か気が和みました。

 

忙しい現実から離れて、とりあえず電話に追いまくられることもなく、
自分だけの時間を過ごせるという、贅沢感を味わっていました。

 

◆旅のプラン作成

まずは行きたいところへの、夢を育んでください。

 

この段階が、もしかしたら一番楽しいかもしれません。

 

あそこのおしゃれな都市巡りが良いか、こちらの歴史をめぐる
旅が良いか等々。

 

また、海外の場合、基本英語ですね。

 

あなた、英語を話せますか?

ご心配なく。

 

海外の人は、こちらが英語を話せないことが分かると、むしろ一生懸命
聞いてくれますよ。

 

単語を話せれば十分です。

 

あの出川哲朗がそうでしたね。
堂々と海外を独り歩きしていましたね。

 

あとは度胸です。

 

それと食べ物には注意しましょう。

私はインドから帰るとき、死ぬほど辛い思いをしました。
現法視察の帰りの日でしたね。

 

何があたったのか未だに分かりませんが、急にお腹が痛くなって。

 

休日だったので医者へも行けずに、そのまま飛行機で帰ってきました。
日本までの飛行時間、8時間が長かったこと。

 

機内食も一切食べれず、成田で医者へも行かず、結局地元の
かかりつけ医に飛び込んで助かりました。

 

あなたはこのようなことの無きよう、十分に注意してください。

 

◆渡航の手段

当然のように飛行機を使うのでしょうが、時間が許せば船という
手段もあります。

 

別に豪華客船でなければ、眼が飛び出す程の金額どころか、飛行機
より安価な船便もあります。

 

船も良いですよね。

 

私は小さい船に数回しか乗ったことがありません(苦笑)。
しかし、船は好きですよ。

 

一方、飛行機は良いのですが、運賃がよく分かりません。
とにかくいろいろなプランがありすぎて。

 

良く調べたほうが良いです、くらいしか言えません。
そうそう、一度だけビジネスクラスに乗ったことがあります。

 

どうしてもチケットが手に入らず、やむを得ずビジネスにしました。
もちろん、現役でしたから費用は、会社持ちでしたけどね。

流石に快適でした。

 

◆旅のノウハウ

まず3種の神器は御存知の通り、パスポート、現金、帰りの航空券。

 

これが意外と忘れたり、盗られたりしています。
これだけは肌身離さず、持ち歩きましょう。

 

また、トイレは大変です。
西欧へ行くのなら、問題ありませんが東南アジア系は特に注意が必要です。

 

もちろん、中級以上のホテルなら良いですが、それ以下のホテルや
街なかを歩いているときですね。

 

生理的欲求は待ってはくれません。
しかし、いきなり飛び込むと大変なことになります。

 

私も何回か、飛び込んだものの唖然としてすぐに、飛び出して
しまったことがあります。

 

逆に、ウオッシュレットがあった時にも遭遇したのですが、残念ながら
その時は使い方が分かりませんでした。

 

このようなときに備えて、日本からトイレットペーパーの芯を抜いて、
押しつぶしたものを持ち歩くと良いようですよ。

 

なにせ、日本のトイレットペーパーは世界一、高級だということです。

 

◆身の安全を守る

街なかに溶け込んでください。
いかにも「旅行者」風は危険です。

「郷に入ったら郷に従え」です。

 

日本の常識、あなたの常識は世界の非常識です。
いくつか例をあげます。

 

(1)タクシーの後部座席に乗る(オーストラリア&ニュージーランド)
のはNGです。助手席に乗るのが常識です。「偉そうに!」と
思われないようにしてください。

 

(2)親指を立てるジェスチャー(ギリシャ、中東)はNGです。
英語圏や日本では「グー」ということで、「OK」とか「賞賛」を
意味します。

 

しかし、ギリシャや中東では「くたばれ」とかのように相手を
侮辱したことになります。

 

(3)左手で食べる(インドや中東)のはNGです。
インド等では、左手は不浄の手とされているので、インドでは左手で
食べないようにしましょう。

 

(4)宗教がらみの話には、特に注意してください。
海外の人は、一般人でも宗教にはこだわりが強いです。
「知ったかぶり」は極めて危険ですので、うっかり話に
乗らないでください。

 

その他いろいろありますので、事前に調べておいてください。

 

◆まとめ

海外旅行は貴重な経験になるはずです。

 

やっと、フリーになれたシニアのあなた。
団塊世代のバックパッカーとして、ゆっくりそして楽しく海外旅行を
楽しんでください。

 

ちょっと古いですが、下記書籍が参考になります。

 
>>『トップページ』へ戻ります。
 
 

プロフィール

こんにちは、このサイトを運営している石川です。 まだまだ若いつもりですが、時の経つのは早いものですね。やっと落ち着いて、最近は楽しみながら、考えながらの日々を送っています。 詳細はこちらから↓↓↓

プロフィール

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して頂ければ、ブログ更新をメールでお届けします。

1人の購読者に加わりましょう

カテゴリー