60歳、または65歳でも退職したら確定申告を!

あなたは60歳または65歳でしょうか?

 

退職したら、忘れずに確定申告をして下さい。
特に年度内の途中で退職したあなたは、すぐに手続きしてください。

 

確定申告と言っても、税金を納めるのではなく、納め過ぎた税金を
返してもらう「還付申請」です。

 

是非、忘れずに行って下さい。

 

◆退職

現役の頃のあなたは、税金には無関心だったかも知れません。

 

そうですよね、恐らく会社にいた頃は専門の部署の人が全て
処理していてくれたはずですから。

 

年末になると「年末調整」もすべて対応してくれていたはずです。

 

しかし、会社を辞めた途端、役所関係の書類や税金の処理は
すべてあなたが自分で行わないといけません。

 

まずは、確定申告からですね。

 

◆確定申告とは?

【出典】:『国税庁

給与等から源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金が、年間の
所得金額について計算した所得税及び復興特別所得税額よりも多い
ときは、確定申告をすることによって、納め過ぎとなっている
所得税及び復興特別所得税の還付を受けることができます。

給与所得のある方で、次のような場合には、原則として還付申告を行うことができます。

 

◆60歳、または65歳でも退職したら確定申告を!

特に、年度途中で会社を辞めたあなたの場合には特に必要です。

 

何もしないと、その年度も会社在籍時の給与支払いを前提に
税金が計算され、徴収されてしまいます。

 

実際には、給与は途中までしかもらえていないんですから
税金もその分までで良いわけですね。

 

その差分を申請するわけです。

 

私も申請して、5,000円程度ですが戻ってきました。
まだ2回目ですけど。

 

1回目は医療費控除だったと思います。

 

このように、これからはあなたが動かないと誰も積極的に
動いてくれません。

 

◆確定申告の期限はあるのか?

よく確定申告の期間は、「2月15日~3月15日」と言われています。
でも、これは自営業者、すなわち税金を納める人です。

 

サラリーマンだったあなたの場合は、確定申告と言っても
「還付申請」なので、いつでも良いんですね。

 

更に、5年以内なら過去の分も申請できますよ。

 

◆確定申告方法

今はe-taxといって、電子申告できるのでパソコンで全て処理できます。
詳細は次をご覧ください。
【出典】:『e-Tax

★e-Taxといっても、方法は次の3通りあります。

 

(1)自宅で電子データを作成し、電子証明書を利用して送信する。

電子証明書を取得して、ICカードリーダーを使って申請します。

 

以前は税制上の優遇措置があったようですが、H24年に廃止されたので
あまりメリットは無いとも、言われています。

 

でも、還付申告程度であれば簡単なので、私はこの方法で申請しました。

 

分からないところは、電話で問い合わせをすれば丁寧に教えてもらえます。

 

(2)自宅で電子データを作成し、紙に印刷して郵送する。

これは、途中までは上記データ送信と同じですが、申告書を印刷して
郵送する方法です。

 

私は最初、この方法でした。印刷するのが手間と言えば手間でしたね。

 

(3)税務署の窓口で申告書データを作成送信する

税務署へ行って、(2)と同様にデータを作成して送信します。
分からないときは、すぐに相談できる点が便利です。

 

また事前に次の書類や備品を準備しておいてください。

 

・マイナンバーカード
・ICカードリーダライタ(2,000円前後です)
・源泉徴収票
・社会保険料の控除証明書
・生命保険料控除証明書など

私のオススメは、(1)の方法です。

 

それこそ、好きな時間に作成できますし、分からないときは、
電話で問合せすれば、丁寧に教えてくれますよ。

 

あっと言う間に手続きは完了します。

 

特に、還付申請の場合は、あまり難しい記入は無いので
簡単に済むと思います。

 

退職前はあまり気にしていなかった税金、退職後は節税に
努めてください。

 

◆参考

もし、あなたがネットビジネスで稼いでいたら、確定申告は必須です。

同時に節税対策もきちんとしておきたいあなたへ!

 

⬇このマニュアルがオススメです。
ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』|アフィリエイトに特化した
現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル

ネットビジネス税金対策ストラテジー

 

 

>>『トップページ』へ戻ります。

 

 


プロフィール

こんにちは、このサイトを運営している石川です。 まだまだ若いつもりですが、時の経つのは早いものですね。やっと落ち着いて、最近は楽しみながら、考えながらの日々を送っています。 詳細はこちらから↓↓↓

プロフィール

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して頂ければ、ブログ更新をメールでお届けします。

1人の購読者に加わりましょう

カテゴリー