60歳からの働き方-4つのプランを提案します

あなたもいよいよ60歳、これからどう働きますか?

 

私から、働き方の4つのプランを提案します。

バリバリ働く、そこそこ働く、アルバイトとして働く、きっぱり辞める。

 

しかし、今後の人生はお金だけではありませんよ。
少しアクセルを緩めて、新たな生きがいを見つけてください。

 

60歳になって、やっと束縛から放たれたあなた、
次の人生は少し、ゆるりと生きませんか?

 

◆60歳からの働き方

私が現役の頃、定年退職する人の話を聞いていて、
羨ましかったものです。

 

しかし、これからは年金支給年齢が徐々に65歳まで
引き上げられますし、年金も減額されていきます。

 

今は、というかこれから60歳以降の働き方は、
きちんと考えていかないといけません。

 

働き方の選択肢は、一応次の4通りありますね。

 

◆(1)バリバリ働く

私の時は、まだ「特別支給の老齢基礎年金」は
支給されました。

 

しかし、それだけでは生活が成り立たないので
やむを得ず、私はこのタイプを選定して働かざるを
得ませんでした。

 

バリバリというか、ハイハイという形でした(苦笑)。

働く環境は、一変しました。

 

再雇用という形で、給料はそれまでの約7割に
なってしまいました。

 

再雇用と言っても、社内での階級分けがありました。
最高クラスは給料が今までと変わらないんです。

 

でも、その人は途中で辞めてしまいました。
部長クラスの人でしたので、環境に
耐えられなくなったのです。

 

私は最下級でしたが、耐えて、耐えて何とか65歳
直前までたどり着くことができました。

 

製造部門の人の方が、精神的なストレスは低かったようです。

 

間接部門は、周りが良く見えるだけに辛かったですね。

 

★バリバリ派のあなたは?

・仕事が趣味というあなたは、言うまでもなく
バリバリ派でしょう。

・家庭の事情がある、あなたはこちらですね。

・老後の楽しみのためにお金を貯めたい、あなたも
そうですね。

・家庭に入ると寂しいから、というか仕事が好きな
あなたもそうですね。

 

サラリーマンが忙しく働いていて、定年になって急に
家にこもると元気がなくなってしまうという話を
聞いたことがあります。

 

あなたも、これを選択するときは良く考えて
気持ちの整理をしておいてください。

 

★収入

詳細は省きますが、給与以外に「高年齢雇用継続基本給付金」
制度があります。

 

これは給与が75%以下まで減額された場合に給付されます。

 

この恩恵は結構大きいですね。
私は、意外とこの制度で救われました。

 

詳細は下記サイトをご覧ください。
【出典】:『くらしすと

 

更に、厚生年金保険料を65歳まで払うことで、65歳以降に
受け取る年金も増えます。

 

◆(2)そこそこ働く

「特別支給の老齢基礎年金」をもらえるまでは、しっかり働いて
それ以降は、週に3日程度働く方法です。

 

多少の余裕が無いと、難しい選択ですね。

 

★収入

週に20時間以上働く条件であれば雇用保険に入れます。

 

雇用保険に入れば、「高年齢雇用継続基本給付金」制度の
対象となるので、僅かですが、給付金をもらえます。

 

週に3日程度の仕事ですから、ストレスもそこそこでしょう。

 

★そこそこ派のあなたは?

・そろそろ仕事以外に、やりがいを見つけられたから
・扶養が楽になったから
・老後の目安をつけられたから

 

この働き方は、何となく理想的ですね。

 

◆(3)アルバイトとして働く

60歳になってからは、現在の会社でアルバイトで
働く方法です。

 

金銭的に相当余裕が無いと難しいですが、精神的には
ストレスも無く気軽にできます。

 

★収入

特別支給の老齢厚生年金の支給対象でないと、
アルバイト代だけなので苦しいです。

 

生活のリサイズが条件です。

 

◆(4)きっぱり辞める

第二の人生プランがあれば、良いですね。

私も気持ちだけは、こうしたかったのですが・・・。

 

★収入

文字通り、ゼロです。

良く言われる「悠々自適派」ですね。

 

田舎の古民家や、離島で自給自足の生活をしたり。

 

あなたは、どのタイプを選びますか?

酒井さんが、シミュレーションをしました(次の書籍を参照して下さい)。

シミュレーション(上記書籍)によると、貯蓄が底をつく年齢は
①バリバリ派⇒86歳
②そこそこ派⇒78歳
③アルバイト派⇒74歳
④きっぱり辞める派⇒70歳
だそうです。

 

しかし、老後の生活はお金だけではありません。

 

折角、一生懸命働いてきたわけですから、少しはアクセルを
緩めても良いのかな?と思いますけどね。

 

仕事の代わりに、あなたの生きがいを見つけられれば。

 

もし、時間の余裕があるならアフィリエイトなど、
いかがでしょうか?

 

こちらの私の記事をお読み下さい。
>>『アフィリエイトの魅力

 

 

>>『トップページ』へ戻ります。

 


プロフィール

こんにちは、このサイトを運営している石川です。 まだまだ若いつもりですが、時の経つのは早いものですね。やっと落ち着いて、最近は楽しみながら、考えながらの日々を送っています。 詳細はこちらから↓↓↓

プロフィール

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して頂ければ、ブログ更新をメールでお届けします。

1人の購読者に加わりましょう

カテゴリー