定年退職の手続きをしっかりして、 シニアライフを楽しむ

定年退職、何とも言えない響きの言葉ですね。

 

私は60歳で定年、再雇用を経て65歳で退職しました。

その時の手続きを忘れないうちにまとめておきました。

 

一つでも忘れると、大変な事項もありますので、これを読んで、しっかり
チェックして、第二のシニアライフをゆったりと迎えてください。

 

◆「定年退職」をしっかり意思表示する

私は定年退職するに際して、書面(「退職願」)で、5か月前に
意思表示しました。
就業規則では「1か月前まで」と記載されていたような気がします。

 

この期間は、厳密に労働基準法と照らし合わせると、使用者に
申し出ればいつでも辞められるようです。

 

私の場合は、1年以上前から口頭で申し出をしていました。

 

◆「退職願」記載項目上のポイント

私のようなケースは「辞表」とは、言わないんですね。

 

「辞表」と記入できる人は、経営者や役員クラス、あるいは公務員
なのだそうです。

 

1.退職事由

私もそうでしたが、基本的には「一身上の都合で」と記入します。

 

例え、恨みつらみがあっても会社へ提出する書類なので、そんな
こと書くと受理してもらえませんし、最後くらい波風を立てずに
円満退職したいですね。

 

再就職のために、ハローワークへ行くと、「雇用保険受給資格者証」
を渡され、その中に離職理由という欄があります。

 

ここで、「自己都合退職」とランク分けされるわけです。

 

「自己都合退職」という理由ですと、失業保険(正式には求職者給付)
給付時に3か月の待機期間を設けられるので、そのつもりでいてください。

 

但し、給付制限は次のような場合には除外されます。

 

職業訓練学校へ通う、想定外の残業を強いられた場合等です。
「想定外の残業」なんて、退職理由に記入できませんから、
ハローワークの窓口で訴えるわけです。

 

詳細は、それぞれのブログをご覧ください。

 

2.希望交付書類

・雇用保険離職票
私は再就職希望でしたので、「要」としました。

 

・健康保険任意継続資格取得申請書
これは、従来通り会社の健康保険に2年間継続して入れます。
私は「否」としました。

 

3.退社誓約書

情報漏洩を規制するための誓約書です。

 

これも、サインしないという方法もありますが、あえて
トラフ゛ルを起こしても仕方無いですね。

 

私は、サインしましたよ。

 

◆その他、退職手続き一覧

1.返却するもの

健康保険被保険者証、貸与されたもの

 

2.受け取るもの

・用保険被保険者証
・年金手帳
・社会保険資格喪失証明書

 

3.希望により受け取るもの

・離職票→再就職を希望しても就職できない場合、雇用保険の
給付を受けられます。

 

健康保険を次から選択します。
→任意継続
→再就職先の健康保険に加入
→国民健康保険に加入
→親族が加入する健康保険の被扶養者

 

私は国民健康保険に加入しました。

 

4.各種保険

団体扱いの契約が終了します。
個人契約か、解約になります。

 

私は個人契約にしました。
口座引き落としとしたので、契約を団体扱いで継続できました。

 

5.労働金庫

借入金は、一括返済ですね。
普通預金は継続できますよ。

 

私は労働金庫は利用していませんでした。
以上、退職時の手続きを振り返ってみました。

 

意外といろいろありましたね。

 

また、それぞれ手続きの場所や、部門が異なりますので
注意が必要です。

 

日数も異なりますので、漏れが無いようにしてください。

 

◆シニアライフを楽しむ

退職して、そろそろ1年になります。
早いものですね。

 

時々、在職時のメンバーから当時担当していた業務の形式名を
聞いたりしますが、ほとんど忘れています(笑)。

 

残念というか、これで良かったという安堵感と複雑ですね。

 

いずれにしても、会社員というか、サラリーマン時代には封印して
残りの人生をアフィリエイターとして歩んでいます。

 

シニアライフを精一杯、楽しもうと思います。

 

新たな出会いも始まっています。

 

いつか、あなたとの出会いを楽しみにしています。

 

P.S

今後は、継続雇用制度の導入で全ての人が65歳まで仕事が
できるようになります。

 

但し、次の2つの選択肢があります、といいますか
選択されるわけです。

 

(A)勤務延長:職務や賃金など労働条件は変更されません。
(B)再雇用:在職中の経験や、個人の技術力などを活用しながら
委託社員など労働条件を変更して雇用されることです。

 

再雇用では、大幅な賃金カットになります。しかし、大半の人が
このケースになってしまうと思われます。

 

このように、定年延長は一見、喜ばしい制度のように思われますが、
実際には、いかがなものでしょうか?

 

あなたはどのような雇用条件になるでしょうか?

大変かも知れませんが、サラリーマン生活最終章になります。

しっかり仕上げてください。

 

◆アフィリエイトを楽しもう

そして、サラリーマン生活を終えたら、スローライフといいますか、
シニアライフを楽しみましょう。

 

そうですね、アフィリエイトを楽しむのもひとつの方法です。

 

★興味がありましたら、アフィリエイトの魅力をお読み下さい。

 

★アフィリエイト初心者で、無料ブログでサイト量産で稼ぎたい!
稼ぎのきっかけをつかみたいあなたは、
1ラウンドアフィリエイト・・・』をお読みください。

 

 

>>『トップページ』へ戻ります。

 


プロフィール

こんにちは、このサイトを運営している石川です。 まだまだ若いつもりですが、時の経つのは早いものですね。やっと落ち着いて、最近は楽しみながら、考えながらの日々を送っています。 詳細はこちらから↓↓↓

プロフィール

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して頂ければ、ブログ更新をメールでお届けします。

1人の購読者に加わりましょう

カテゴリー