野村克也さん、ぼやきの影響力で人を動かす?

野村克也さんも、これらの手法を研究されたのでしょうか?

とにかく、野村克也さんの「ぼやき」の影響力は大きかったですね。

野村克也さんは、日本や中国の古典を漁って応用したそうです。

人を動かすには6つのアプローチがあります。

 

◆6つのアプローチとは?

人を動かすには6つのアプローチがあると、言われています。

それは、次の6つです。

 

◆1.返報性

【受けた恩は、返したくなる】

誰かから何かしてもらったら、お返しをしなくてはならない、
お返しをしないと何となく後ろめたいような気になって
しまうという、人間の心理に基づくものです。

 

あなたも経験あるでしょう。
「試食」というもの。

 

私は試食の後で、ほとんど購入してしまいます(苦笑)。
近所付き合いもそうですね。

 

何か土産物を頂いた時は、必ずお返しするでしょう。

 

アフィリエイトの面から考えると
メルマガやブログもその一つになると考えることも
できますね。

 

価値ある情報を提供して、あなたや読者さんに
恩義を感じてもらうと。

少し無理がありますか?

 

それなら、もう少し突っ込んで無料プレゼントする、
というのは良く使われていますね。

 

但し、この方法は最近免疫ができてしまっているようで、
あまり反響は無いのかな?

 

◆2.希少性

【数が少なかったり、日時が限定されるとつい手が出てしまう】
という心理を利用する方法です。

 

スーパーでは良くタームセールとかありますね。

 

つい、普段買わないものまで買ってしまいます。
あとで後悔したり・・・。

 

アフィリエイトの面からは、
あるセールスレターを開いたら「この情報は残り
3分で消滅します」、とか。

 

◆3.権威

【偉い人、有名人の言うことを信用し従う】という心理です。

 

肩書を信用するのもそうですが、タレントさんに
ついてもそうですね。

公共性があることで、安心感があります。

 

但し、あなたのターゲットにとっての「権威」とは
どなたになるのか?をきちんと考えないといけません。

 

ここを外すと、いかに有名人を頼っても成果につながりません。

 

◆4.コミットメントと一貫性

【宣言した約束を守ろう】という人間の心理です。

 

会社でもブログやメルマガでもそうですね。
皆さんの前で宣言した約束は、途中で破れません。

 

信念がぶれない、一貫性のある人は信頼されますしね。

 

◆5.好意

【あなたが好きです!】

これは言わずもがなでしょう。

究極は恋愛です。

 

ここまで来たあなたはアフィリエイターとして最高でしょう。
いかにこのようなファンを集められるか、ですね。

 

◆6.社会的証明

【知らず知らず他人に同調してしまう】という心理です。

 

商品の紹介で、「私も使っています」という
言葉が良く出てきます。

この心理を利用します。

 

多くの人に使用されているということは、信用できる、
安心という気持ちが働きます。

 

◆野村克也さんのぼやきは、人を動かす

・【マー君、神の子、不思議な子】

楽天にいたときの田中将大投手は、ノックアウトされても
「負け」がつきませんでしたね。

 

必ず打線が後でひっくり返していました。

そんな田中投手を見ていて、出てきた言葉です。

 

その他にも、

アフィリエイトに関連しそうな名言は

・【好かれなくても良いから、信頼はされなければならない。
嫌われることを恐れている人に、真のリーダーシップは取れない】

・【勝ちに不思議な価値あり、負けに不思議な負けなし】

 

野村克也さんって、とっさの思い付きで
言っているのでは無いですよ。

しっかり、下調べしているんですね。

 

日本や中国の古典を読み漁っていたそうです。
その中から応用して、出てきた言葉が「名言」となったわけです。

 

「人の心を揺さぶる」コピーは人を動かす力があります。

 

ちなみに、最後に

・【リーダーは、その言葉に選手たちがどれだけ胸を
打たれるか、感動されるかで値打ちが決まる】

という名言も残しています。

いかがでしょうか?

あなたは、この言葉に少し胸を打たれませんか?

 

ぼやきでも、記事でも読者さんに影響力をいかに
及ぼすことができるか、が大事です。

 

どのような言葉を残せるか?
全てあなたの人生観ですね。

 

アフィリエイトでも、「稼ごう、稼がなくちゃ!」等と前のめりになっている
うちは逆に一銭も稼げませんし、詐欺教材に騙されやすい環境を自ら作って
しまっています。

 

いろいろな手法を学んだり、試す前にあなた自らを落ち着かせて下さい。

そうすれば、自ずと道は開けると思います。

 

人を動かすのは、そんな簡単なことではありません。

 

 

>>『トップページ』へ戻ります。

 


プロフィール

こんにちは、このサイトを運営している石川です。 まだまだ若いつもりですが、時の経つのは早いものですね。やっと落ち着いて、最近は楽しみながら、考えながらの日々を送っています。 詳細はこちらから↓↓↓

プロフィール

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して頂ければ、ブログ更新をメールでお届けします。

1人の購読者に加わりましょう

カテゴリー