2025年から、65歳定年延長義務化! あなたはどうする?

定年退職、年金、生活、2025年から65歳定年延長等とシニアの悩みは尽きません。

悩みというか、疑問???なんですね。

少し整理しましょう。

定年後に貧乏(ビンボー)にならないために!

 

◆年金支給が65歳からになりました

現在は経過措置が取られていて、年金の支給開始年齢は次のようになっています。

 

【出典】:『日本年金機構


男性は昭和36年4月2日以降生まれ、女性は昭和41年4月2日以降生まれの人から、
『65歳』からになります。

 

◆2025年から65歳定年延長が義務化されましたが・・・

現在は、65歳定年延長義務化の経過措置となっています。

【出典】:『定年延長と再雇用

2025年以降は65歳まで定年が伸びます。

私は、再雇用という曖昧な制度に翻弄されました。

 

家庭の事情もあって、満65歳を目前に退職しました。
「やっと、65歳までたどり着いた」というのが本音です。

 

最近は、継続雇用する企業も増えてきましたのが、「ハッピー」というわけにはいきません。

 

中小企業ならともかく、大企業では「年寄り」より「若い人」がどんどん入ってきますし、
あなたの代わりはいくらでもいます。
(最近は若年労働力不足が少し状況を変えつつあるようですが)

 

私は、最悪の環境下で再雇用の波にもまれてしまったわけです。

いずれにしても、これからの定年退職者にとって厳しいことに違いはありません。

 

あなたも気を引き締めて「定年後」を見据えて下さい。

 

◆老後の収入源は何でしょう?

【出典】:定年退職後の収入源をアンケート!本当にそれだけで大丈夫?
概ね、「想定内」ですね。

それでは、定年退職後に貧乏(ビンボー)にならないための方法を提案します。

 

◆まず、定年後のあなたの収入を整理しましょう

今回は、サラリーマンを前提にします。

まず年金からです。

 

・50歳以上のあなた⇒「年金定期便」、50歳未満のあなたは「ねんきんネット
になります。

 

普通、厚生年金は月に14万円~15万円、国民年金で5は月に万円~6万円です。
夫婦で月に19万円~21万円・・・。
これだけで生活するのって、あなたはどう思いますか?

 

・企業年金・退職金:現役のあなたは会社の担当部署へ問い合わせて下さい。

 

私は現役の時、「金の亡者」と思われたくなくて放っておきました。

そのために、「退職説明会」で、全貌を初めて知って焦りました。

 

あなたには是非、事前準備をしておいてもらいたいです。

 

◆次に支出を整理します

まず、これをご覧ください。
年金生活者の消費パターンです。
【出典】:『総務省統計局

これが全てではありませんが、一つの参考にしてください。

このようにすることで支出の比率がほぼ、分かります。

 

◆生活費を絞りましょう

【出典】:『理想的な支出の割合」を知ってしっかり貯蓄できる家計になろう!

上の消費パターンを次のグループに再編成します。

 

①毎月必ず出ていくもの(TV、インターネット、新聞、保険料等)
②毎月出ていくが、使い方による(電気。水道、電話代等)
③数カ月に一度出ていく(被服、趣味等)
④たまに出ていく(医療費、教育費等)


【年金生活者消費比率(グループ化)】を見ると、②の「使い方次第」グループを
絞りたくなりますが、実は最も絞りやすいのは③の「数ヶ月に1度」のグループです。

 

一方、効果が最も大きいのは①の「毎月必要」グループです。

考え方の基本は、無駄をなくすことです。

 

新聞、携帯電話、雑誌、交際費等見直し箇所はたくさんありますね。

 

◆保険とローンを見直しましょう

保険を次の条件で見直してみましょう。

 

①めったに起きない
②でも、蓄えが無い
③いつ起こるのか不安

 

この三つの条件が全て揃った時のみ保険契約してください。

 

「安心料」というものほど高いものは無いようです。
今からでも「掛け捨て」にするか「積立」にするか?

検討したほうが、良さそうです。

 

保険の見直しをする場合は、以下からどうぞ
何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

 

《注意》
・上記をクリックすると、いきなりアンケートの画面が表示されますが、
アンケート終了後に再度、しっかり考える画面が表示されますので安心して
回答して下さい。

 

・実際に相談すると、保険のエキスパートが丁寧にあなたのご要望に応じた
プランを即座に提案してくれますよ。
(もちろん、話を聞くだけでも全く問題ありません)。

 

私もこのプランを利用しました。
次の機会には、提案してくれたプランに移行してみようと考えています。

 

◆収入を得る(増収を図る)方法を考えましょう

最も確実なのが、「人的資本」です。
つまり、働くことです。

 

更に、「自分が働く」のも良いですが、「お金に働かせる」のがベストです。

 

但し、これには根本的な「頭の切り替え」が必要です。
是非、「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで頭をリフレッシュさせてください。

 

「資産」と「負債」の違いが分かってくれば、「金持ち父さん」のグループへ
入っていけますよ。

 

これについては、私の下記レビューを参照して下さい。
>>金持ち父さん貧乏父さん

◆ピンピンコロリを目指す

「定年65歳の完全義務化」、さらに年金受取り開始の年齢は、受給者の
希望に応じて「60歳~70歳」の間で選択ができます。

 

65歳前に受け取る(前倒し)と、受給額が減りますが、65歳以降にすると増えます。

1年延期すると、「月額8.4%上乗せ」、5年延期して70歳から受け取ると、
「月額42%上乗せ」になります。

 

人生100年、超高齢化社会が始まりました。

 

やっと現役を終えて、年金暮らしに入った途端にネンネンコロリで人生を
終えるのは悲しいですね。

 

せめてピンピンコロリと行きましょう!
>>『長寿でピンピンコロリ、5つの方法とは?

 

◆まとめ

私は65歳になって「自由」を手に入れました。
しかし、それは「自立」の始まりでもあったわけです。

 

今までは「会社」へ行っていれば、給料は頂けました。
収入の心配は無かったわけです。

 

これからの収入は、何もしなければ「年金」のみです。

 

しかし、私はそれに甘んじていられなくなって
「アフィリエイター」への道を歩き始めました。

 

ビジネスですね。この世界は全て「自立」、「自己責任」です。

考え方の方向転換をしながら、「資産」と「負債」をバランスよく取って
いこうと思います。

 

定年後に貧乏(ビンボー)が待っているのでは悲しいですよね。

 

あなたは楽しみながら、「資産」を増やしてください。

 

★関連記事になりますので、ご覧ください。
>>『あなたがアフィリエイターになれる可能性について

>>アフィリエイトで稼ぐための図書を紹介します。

 

★50代のあなた限定の講座があります。

 

 

>>『トップページ』へ戻ります。

 


プロフィール

こんにちは、このサイトを運営している石川です。 まだまだ若いつもりですが、時の経つのは早いものですね。やっと落ち着いて、最近は楽しみながら、考えながらの日々を送っています。 詳細はこちらから↓↓↓

プロフィール

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して頂ければ、ブログ更新をメールでお届けします。

1人の購読者に加わりましょう

カテゴリー