反応が良いコピーを書くには、どうしたら良いか?

あなたは商品を書うとき、何らかの「ベネフィット」をあなたなりに
確信した時点でなければ、買わないでしょう。

 

逆に、ベネフィットをお客様に的確に提供できれば、お客様の反応は
グンと上がります。

 

このような、コピーの書き方について解説しました。

 

◆ドラフトコピーは必ず見直してください

あなたは、雑誌の広告を見たり、店でウインドウ
ショッピングをしたり、車の販売店とか覗いたり
していると思います。

 

その時の広告とか、店員の対応に違和感を感じたことは
ありませんか?

 

何を言いたいんだろう?
そもそも、この商品は何?
この商品は、何の役に立つの?
商品の特長は何?

 

折角、「興味」と「もしかしたら購入」の意思をもって、
店に入ったのに、いきなり、あなたの「意思」とは
関係ないセールスをされるとかですね。

 

あなたの胸中を読んでくれない「空気を読めない」というか、
違和感というか、ありませんでしたか?

 

あなたの興味なり、要求を思い切り外しているわけです。

 

そもそも、私たちは「売り込み」と感じた時点でストレスを
感じてしまう生き物です。

 

逆に、あなたの意思を察して、絶妙なタイミングで話しかけて
もらったり、商品のポイントを説明してもらえば、それだけで
「購入!」しちゃうことってありますよね。

 

これはストレスにならないからです。

この違いって、何なんでしょう?

広告も同じだと思います。

 

あなたが違和感を持った広告は、恐らくドラフトコピーを全く
見直しや添削をしないで、そのまま使っていたり、同じコピーを
使いまわしている結果ではないのかな?なんて思います。

 

急いでいたりすると、ついやってしまいがちですね。

 

これは納期優先、自分優先になってしまっているんですね。
「お客様ファースト」になっていないわけです。

 

このような場合は、ドラフトコピーを1日か2日置いてから、
新鮮で冷静な頭で見直すと良いみたいです。

 

「熱意」をもって熱い心で書いたドラフトコピーも良いの
でしょうが、周りが見えなくなっています。

 

核心を突いたコピーになっているとは、思いますが・・・。

 

対策としては、最初は冗長気味に書いておいて見直しながら
削っていく、という方法がやり易いかも知れません。

 

あるいは、メンターや身近な方がいれば、ちょっと見てもらう
のも良いですね。

 

◆読者の関心を引き付けておく工夫

【驚き、衝撃、ニュース】を取り入れます。

 

読者さんの頭にある「つまらない」を打ち破って、新鮮さを
打ち出すわけです。

 

【予想、予告】して、期待を抱かせます。

【引用、エピソード】で箔を付けたり、親近感を持たせます。

 

このように並べてみますと、特筆すべき工夫では無いかも
知れません(苦笑)が、逆に「王道」とも言える手法なんですね。

 

結局、これらの方法が、読者を引き付けて離さない工夫と
いうことになるわけです。

 

更に、歴史的に何度も繰り返されながら今日に至っていると
いうのも、この工夫が最も効果的である、ということの
裏付けでもあるわけです。

 

◆ヘッドコピーの書き方

・文章はできる限り簡潔に書くことです。

これが長いと、読者さんは途中で退散してしまいます。

 

見出しを書いていた場合、もちろん見出しと同じ内容に
してください

 

・ベネフィットを伝えます。

とにもかくにも、ベネフィットが無くては、読者さんは
読んでくれません。

 

あなたも商品を書うとき、何らかの「ベネフィット」を
あなたなりに確信した時点でなければ、買わないでしょう。

 

日用品以外は、費用対効果を常に考えて商品購入して
いると思います。

 

これらを考えながら、コピーを書いていくと、比較的
反応の良いコピーになっていきます。

★関連記事をお読みください。
>>アフィリエイト初心者のためのコピーライティング

 

 


プロフィール

こんにちは、このサイトを運営している石川です。 まだまだ若いつもりですが、時の経つのは早いものですね。やっと落ち着いて、最近は楽しみながら、考えながらの日々を送っています。 詳細はこちらから↓↓↓

プロフィール

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して頂ければ、ブログ更新をメールでお届けします。

1人の購読者に加わりましょう

カテゴリー