長寿でピンピンコロリ、5つの方法とは?

こんにちは、石川です。

あなたは、ピンピンコロリ派ですか?それともネンエンコロリ派?

もちろん、ネンネンコロリなんて嫌ですよね。

 

今回は、どのようにしたらピンピンコロリ派へ移行できるか?について少し、まとめて
みましたので是非お読み下さい。

 

◆長寿でピンピンコロリ 

 

長生きピンピンコロリの極意は、無理やり健康増進せず、好きなタバコを吸って自由に生きること!

 

この考えのもとになっているのが「フィンランド症候群」と言われています。

「フィンランドで調査した結果、医者の手ほどきを受けた人より、放置した人のほうが
15年後の生存率が高かった」、ことだけを捉えて「禁酒・禁煙して規則正しい生活をしても、
かえってストレスを溜めて早死にするだけだ!」、と、どんどんでたらめな拡大解釈が出回りました。

 

健康管理することは、かえって健康に悪い!とまで言われてしまいました。
これが「フィンランド症候群」と言われるゆえんです。

 

このような反響に地元のフィンランドの人は、驚いているようです。

 

しかし、これにくさびを打ち込んだのが朝日新聞(2002/11/ 9)でした。
【出典:「フィンランド症候群の真実」

この真実は以下のとおりです。

 

元々血圧やコレステロール値が高い人達に治療薬を与えたAグループと、治療薬を与えずに
放置したBグループに分けた15年後の生存率を調べたら、Bグループの血圧やコレステロール値は
確かに下がっていたが、15年後の生存率は何故かAグループの方が高かった、ということです。

 

この結果を、あなただったらどう受け止めますか?

 

未だに「やはり、無節制で好き勝手に生きたほうが良い!」等と考えますか?

 

学ばなければならないことは、治療したグループには投与した薬が多すぎたのではないか!?ということです。

 

薬物治療の是非を考えるというこです。

 

医者の言うがままに薬を飲むのってどうなんでしょうか?

 

ところで、あなたは何種類の薬をのんでいますか?

 

このデータを御覧ください。

【出典:薬剤の自己負担について
(厚労省平成28年度医療課委託調査(薬局の機能に係る実態調査)


このように、5~9種類の薬を飲んでいる人が70歳以上では約半数います。
抗うつ薬が全てではありませんが、やはり危惧すべきことですね。

 

逆に、「医者へは滅多に行かないし、検診もろくに受けない」元気な人がいるのも事実です。

一方、どんなに検査・治療していてもガンで亡くなってしまう人がいることも事実です。
この差って、何なんでしょう?

 

長生きとピンピンコロリを両立させるには

(1)「自分の身体は自分で守る」

(2)そのために、医者(医療)の手を借りる(自分主導で)

という考え方が一番大事なのだと考えます。

 

それでは、具体的な話に入りましょう。

 

◆ピンピンコロリの5つの方法とは?

 

あなたは、老後はゆっくりしたい派ですか?

 

現役時代は、超猛烈社員(今どきこんな人はいないと思いますが)だった人が、定年を機に
あっという間にコロリということをよく聞きます。

 

いわゆる燃え尽き症候群ですね。
これでは、何のために一生懸命働いたのかわからなくなってしまいますよね。

燃え尽き症候群にならないための対策とは?

 

(1)適度に身体を動かす

私は、夏の暑いときは夕方に、冬の寒いときは昼食後に散歩をしています。
同じような風景であっても、風景の色が変わったり、猫と馴染みになったりと、身体と心を
リフレッシュしています。

 

それと、フルタイムでなく、パートタイムで働くのもオススメです。
「俺は部長だったんだ!そんなところで働けるか」等と言っていても、もう退職した
あなたの健康を管理してくれる保健師さんは、もういませんから。

 

人に使われることを嫌がるより、自分の身体のために行動すべきですね。

 

あなたの健康は、あなた自身で守らないといけないのです。

 

(2)医者をあなた目線で選ぶ 

大きな病院は、かかりつけ医の紹介状無しではなかなか受診しにくいし、受診しても
時間がかかります(半日は覚悟しないと)

 

一方、個人医院であれば待ち時間は少ないし、受付の女性と顔なじみになったりして、
適度に時間を潰せます。

 

私は、内科と歯科、人間ドックの受診先は決めています。

 

意識して決めたわけではありませんが、何となく絞られていましたね。

 

特に歯科医は、元々通院していたところから、開業間近の新しいところへ変えてみたら、
すごく私と相性が良かったです。

 

もうかれこれ18年、適度に通院としていますが、もう医者とは顔なじみなので安心して
受診できるし、過去のデータも持っているので話が早いです。

 

内科も自然にかかりつけ医が固定しています。

 

人間ドックででは、その場で説明もしてもらえますが、詳しいことはかかりつけの
内科医に相談しています。

 

人間ドックでは聞きにくいことも、かかりつけなら詳しく教えてもらえます。

 

(3)あなたに合った食事健康法を取り入れる

サプリメントを有効的に取り入れるのも良いですね。
私は、ヨーグルト、納豆、青汁、アーモンドを欠かしません。
(牛乳や砂糖入りはアレルギーがあるので、ダメなんです)。

 

私が好き、というか現在食べているのは次の商品です。

 

★明治ブルガリアヨーグルト(LB81)

このヨーグルトは発売から約40年経ていて、特定保険用食品として認められています。
私は、いろいろ変えてみましたが結局、この味が好きです。

★おかめ納豆

私の納豆歴は古いです。
決めては味と食感が私好みであった、ということです。

もう少し、安いものであれば【通信販売「おかめ納豆」】という手もあります。

★青汁

数年前から飲み始めました。
比較的廉価で飲みやすいものを選びました。

 

良くシェーカー付きのものがありますが、シェーカーは不要です。
お湯なり、水を加えてスプーでかき混ぜれば十分ですよ。

★アーモンド

アーモンドは半年前から食べ始めました。
知り合いの人が「アーモンドを食べ始めたら、劇的に血液検査の結果が良くなった!」
というのを聞きつけたのが私が食べ始めた理由です。

 

最初から、下記の富澤商店さんのアーモンドを食していますが、粒が揃っていて
欠け等もほとんど無いので気に入っています。

 

医者に相談すると、結構気軽に睡眠導入剤を出してくれます。
しかし、これに手を出してしまうと、やめられなくなってしまいます。

 

「依存症」「離脱症状」というものです。

 

これは、「フィンランド症候群」と違って重大な問題を含んでいます。

 

とりあえず、長年の間に溜まったストレスをゆっくりリフレッシュして、より良い
睡眠を心がけてください。

 

これからは、好きなことしてストレスを溜めない生活を送って、ピンピンコロリを
目指しましょう。

 

(5)メタボリックシンドロームに気を付ける

良く使われるのがBMIという肥満度を表す数値です。
BMI=体重(Kg)÷身長(m)2で、判定基準は次のようになります。

【出典:肥満度チェック

あなたのBMIは、いくつですか?

ちなみに私のBMIは19.3なので、「やせ」以下ですね(苦笑)。
最近は、BMIが30以下であれば全然問題ないようです。
逆に、小太り気味のほうが良いとも言われています。

 

私は、もう少し太ろうとしてはいるのですが・・・。

このように人間ドックでは、いろいろな数値が分かります。

これらの数値をみながら、医者からいろいろ指導がありますし、私自身も全ての項目を
チェックしています。

 

OK、NG判定だけでなく、数値の経過を記録してデータ化して傾向を見ます。
そうすると、アウトになる前に自分で判断できるわけです。

最近、特に感じるのは医者の指導はそれで大事なんですが、それよりも自分で管理する
ことのほうが大事なんだと思います。

 

私は胃が弱いので、毎回内視鏡検査を受けています。

 

で、毎年受けていると状況が自分で把握できてくるわけです。
検査する医者が代わっても、自分の目で自分の胃の経過を確認していくわけです。

 

大げさに言えば、自分の身体は自分で守る。
そのために、医者を利用する、くらいの感じのほうが良いのでは無いかな、・・・と。

 

ついでですが、ピロリ菌は退治したほうが良いみたいですよ。

私は、現役時代に会社の保健師さんが、人間ドックの結果をチェックしてくれていて
「石川さんは、ピロリ菌がいるから退治したほうが良いですよ」とアドバイスされて
早速、医者へ行ったら「この歳で?」みたいに、驚いていました。

 

結局、退治してもらったのですが、1度では退治できなくて2度めでやっと退治できました。

 

その結果なのか、最近の内視鏡検査では、上記のように少しずつ胃の状況が良くなって
きているようです。

 

 

プロフィール

こんにちは、このサイトを運営している石川です。 まだまだ若いつもりですが、時の経つのは早いものですね。やっと落ち着いて、最近は楽しみながら、考えながらの日々を送っています。 詳細はこちらから↓↓↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して頂ければ、ブログ更新をメールでお届けします。

1人の購読者に加わりましょう

カテゴリー